日本にすっかり浸透しているカタカナ英語。うっかり英米人との会話で使うと大混乱を招く恐れも…。ポータルサイト「goo(グー)」が、「和製英語だと知らなかった英語」の調査を行った。

 1位は「オーダーメイド」。「それを言うならカスタムメイド(custom-made)だよ」と教えるのも気がひけるほど、日本ではおなじみの言葉だ。2位の「スキンシップ」は、本当はフィジカルコンタクト(physical contact)。「コンセント」は、アウトレット(outlet)、「キーホルダー」はキーリング(key ring)が正解。なんだか、英語の自信がなくなりそう。

 ちなみに、五輪開催を来年に控えた中国・北京では、飲食店に不可解な英語版メニューが登場し、話題になっている。たとえば「蒸し鯉(steamed carp)」がスペルミスで「蒸し糞(steamed crap)」になっていたり、「若鶏(young chicken)」を使ったメニューが、「処女鶏(virgin chicken)」となっていたり…。英語に泣かされているのは、日本だけではないようだ。

 《調査方法》gooがユーザーを対象に実施した調査結果をもとに作成。1位の数字を100としてこれをもとに算出した。期間は8月28~30日。

轉自http://blog.livedoor.jp/dqnplus/

英語に泣かされているのは、日本だけではないようだ。
看了後面這段[ちなみに],
很想跟寫新聞的人說....這麼鴕鳥的心態好嗎???

向後比較只不過是自我安慰罷了!
痛定思痛向前看才會進步啊!
一堆英文爛的人在這邊比爛是沒有辦法改變現狀的!
(好像在說我自己....orz)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する